当サイトにお越しいただきありがとうございます。(^O^)このページでは短いまつ毛に悩む私がまつ毛美容液で対策した話を書いています。同じお悩みのある方に参考にしてもらえたら嬉しいです♪

マツエクをしてても使えるまつ毛美容液が欲しい

みなさんはじめまして!私は茨城県のつくば市に住んでいる夏美です!

私といえば、マツゲが短いことで有名なんですが(笑)

 

学生のころからずっとヤダなって思ってたんです。(まつ毛が短いことに)

 

コンプレックスで、付けまつ毛をずっとつけてましたね(;´д`)でも、付けまつ毛って違和感がすごいし、なるべくナチュラルになるようにって商品を選んでたんです。

 

 

だけど、最近大人になってからは、まつ毛エクステというものが流行りだしたので、こちらにシフトしました(笑)

 

いちいち、つけたり外したりしなくてよくなったのでメイクをするのがすっごく楽になりましたね!それが、この間エクステをつけ直しに行った時に、サロンのお姉さんに

 

「自まつげがだいぶ弱くなってきてるので、このままだとつける本数減らさないとダメですねえ」

 

と言われてしまったんです!!!(;´Д`)

 

焦った私はどうすればいいのか尋ねると、まつ毛美容液をすると幾分か良くなると教えてもらったのでまつ毛美容液を使ってみることに♪

 

まつ毛エクステをしている場合、普通の美容液ではなくて専用のものでないとエクステをつけてる接着剤が溶けてしまって、すぐに取れてきたり接着剤が目に入ったりする危険があるんですって!!(;´Д`)

 

それに私敏感肌だからなんでも良いってわけじゃなくて。。。

 

それで、色々探し回ってエクステをしてても大丈夫なまつ毛美容液を見つけたので下にまとめておきますね♪

エクステOK!お肌に優しいまつ毛美溶液まとめ

ボニーラッシュ」

 

ボニーラッシュ

 

ボニーラッシュは、ノンオイル、アルコールフリー処方なのでエクステを付けたままで使用OK!それに、美容液の先端がチップタイプだから絡まりずらいところが良い!もちろん、マツ育に欠かせない有効成分もきちんと入っているから自まつげも太く丈夫に。マツエクの持ちも良くなりましたね。

 

>>ボニーラッシュの詳しい情報はこちら

「ディアモスト」

 

 

ディアモストは、口コミやランキングでも人気があって1本で2ヶ月使えるのが良い!1日1回つけるだけで良いし、自まつげをしっかりと丈夫にしてくれました。オーガニック処方だから敏感肌の私でも使うことができました!サロンの人にも「マツイク頑張ってるね!」と褒められたくらいです。

 

>>ディアモストの詳しい情報はこちら

「jumel-ジュメル-」

 

 

ジュメルは目元のケアができるアイクリーム。しかもキャピキシル配合で、マツ育も同時にできるオールインワン処方。オイルフリーなのでマツエクをしていても使用できるのがポイント。

 

>>「jumel-ジュメル-」の詳しい情報はこちら

「 スカルプDのまつ毛美容液プレミアム」

 

 

スカルプDはパラベンやオイルはもちろん合成香料などの添加物はフリーです。アレルギーテストも実験済みなので、肌荒れが心配な人にはおすすめです。目元のエイジングケアができるのもポイント高い。

 

>>スカルプDまつ毛美容液プレミアムの詳しい情報はこちら

「バサラ エッセンス」

 

主成分が漢方エキスで作られているバサラ。低刺激、ノンアレルギー処方だからコンタクト装着時も使用OK!もちろんオイルや合成香料などは一切不使用です。ロールオンタイプだから目元にしっかり塗れるのがポイント!

 

>>バサラエッセンスの詳しい情報はこちら

まつ毛美容液を選ぶ時のポイントは?

マツエクをしていると、自まつ毛の育毛は欠かせませんよね?まつ育に必要な美容液ですがたくさん種類があってどれを選んだらいいか分からない!ということはよくある話です。では実際に選ぶ時のポイントはなにか見ていきましょう。

  1. 形状はチップタイプか筆タイプが良い
  2. オイル、アルコールフリー
  3. サラサラしたリキッドタイプ

【チップタイプ】

 

 

チップタイプは口紅やグロスなどによく使われているスポンジ状のものをいいます。先が丸いため美容液をたっぷりとまつ毛に塗りやすいこと、マツエクをひっかけにくいという特徴があります。

 

デメリットは美容液をたっぷり取りすぎてしまい、目の中に美容液が入ってしまうことがあるなど、美容液の量を調整しにくいことがあげられます。

 

筆ペンタイプ

 

 

塗る部分の形状が筆ペンのような形状になっているものをいいます。アイラインをまぶたの際に引くようなイメージで使うことができ、ペン先が細いためマツエクに引っ掛けずに塗りたい部分にピンポイントで塗ることが可能です。

 

デメリットは根元に塗りやすい反面、まつ毛の先端に塗るのには少しコツが要ることです。なお、筆先は固い物よりも柔らかい物の方が扱いやすく、目元への刺激も抑えられます。

 

マスカラタイプ】

 

 

マスカラブラシでおなじみの形状をしているのがこのタイプです。普段からこのタイプのブラシでマスカラを塗っている人は慣れていて扱いやすいでしょう。

 

マスカラを塗るようにして使えるため、根元からまつ毛の先までしっかり美容液を付けてあげることもできます。また、まつ毛を持ち上げるように使用できるため、マツエクのカールを維持しやすいのもメリットの一つです。

 

なお、マツエクがまつ毛と接している面にブラシがひっかかり、マツエクが取れてしまうことがあるため少し注意して使用する必要があること、目頭や目の際などの細かい部分は塗りにくい、などのデメリットがあることも覚えておきましょう。

 

【まつ毛を育てるための育毛成分4つ】

  •  ワイルドラッシュ
  • リデンシル
  • キャピキシル
  • イソプロピルクロプロステネート

これら4つのオススメの成分を、それぞれ紹介していきます。

【ワイルドラッシュ】

 

ワイルドラッシュは、まつ毛をただ単に強くするだけではなく、「強いまつ毛を維持させる」という新しいアプローチの成分。ビタミン化した「ペプチド」と、「パンテノール」を配合した、まつ毛専用の成分です。

【リデンシル】

 

スイスの化粧品原料メーカーが開発したリデンシルは、育毛効果がある成分として注目されています。リデンシルが働きかけるのは、毛包内にある「バルジ領域」。独自のアプローチで、まつ毛の成長を促してくれます。

 

リデンシルを使った実験では、「今ある毛の成長を促す効果」と「抜け毛を減少させる効果」があることがわかっています。

 

セイヨウアカマツ球果エキス・チャ葉エキス・グリシンなどから製造されるリデンシルには、ほとんど副作用が起きないと言われています。

【キャピキシル】

 

キャピキシルも育毛成分の一種で、強く太く健康的なまつ毛を生やすためのサポートをしてくれると言われています。

 

キャピキシルには、毛母細胞を活性化するために必要な、グロースファクターに働きかける効果があります。グロースファクターの働きで細胞が活性化し、まつ毛の育毛につながるというわけですね。

 

細胞の働きは、加齢とともにどうしても衰えていってしまうもの。老化によるダメージが気になり始めたときにも、キャピキシル配合のまつ毛美容液がオススメです。

 

またキャピキシルは、天然の植物から採取した成分を基本に作られているもの。医薬品のように、強い副作用や使用量の制限を気にする必要がないのも、嬉しいポイントです。

【イソプロピルクロプロステネート】

 

医薬品に配合されている、ビマトプロストと似た働きをすると言われているのがイソプロピルクロプロステネートです。

 

細胞の再生を促すという特徴があり、まつ毛に塗ることで、目元の細胞に働きかけることができます。ビマトプロストとは違って、こちらは化粧品として扱われています。医薬品よりも入手しやすいという特徴があります。

気になる疑問にお答えQ&A

まつ毛美容液が敏感肌でも使えるかどうか判断する基準って?


一般的には効果が高いものほどお肌に刺激が強いという傾向があります。でも低刺激だと効果が無いんじゃないか?と心配になりますよね。基本的には美容成分がふんだんに配合されていて、尚且つお肌に優しいものがおすすめです。具体的にいうと「パラベン、鉱物油、合成着色料、香料」などが使われていにない無添加処方のものが良いですね。ですが植物性の美容成分が入っていると人によってはアレルギーが出てしまう場合があるので、必ずパッチテストは行なってから使うようにしましょう。

「ビマトプロスト」ってどんな成分?


この成分は、緑内障の治療薬として使用されている成分です。まつげ育毛の効果を促す作用もあるのですが、この成分がまぶたに色素沈着を起こすことがあることは、過去にも報告されています。症状としては、まぶたの皮膚が茶色にくすんでしまう現象です。以前はこの成分を含んだまつげ美容液が市場に出回っていましたが、このような色素沈着を起こすことがあると分かり、医薬品と認定されたまつげ美容液には、ビマトプロストを配合することが認められなくなりました。今では、この成分が原因でまぶたの色素沈着が起きる心配はなくなっています。有名どころではリバイタラッシュに以前配合されていて副作用があるということで話題になりましたね。

グラッシュビスタってどんな成分?


グラッシュビスタは、睫毛貧毛症の方の為に開発された医療用医薬品で、まつげの長さ、太さ、濃さを改善する作用があります。従来のまつ毛エクステでは、取れてしまう、接着剤による肌への負担等で抜け毛を多くしてしまう、などのデメリットがありましたが、外用薬のためそういったデメリットもなくまつ毛の悩みを根本から改善することが出来ます。グラッシュビスタは、市販の育毛剤とは異なる医療用のまつ毛外用薬となりますので、医師の診察の元でのみ購入が可能です。一般のドラックストアなどでは販売されておりませんので、まつ毛の量でお悩みの方は是非当院のカウンセリングを受けていただくことをおすすめします。

一重の人がまつ毛美容液で激変

子供のころからずっと仲が良かった友人の話なんですが、その子は目元にコンプレックスがあって一重で目つきが悪いとずっと悩んでたんです。

アイプチとかもしてたみたいなんですけど、皮膚がかぶれちゃったりしてあまり体に合わない。。。そんな時に友人は、まつ毛美容液を使いはじめたんです。雑誌とかで見つけた有名なやつみたいで。。。

結構長い間根気よく使い続けたみたいなんですけど、結果は元々あったまつ毛が太くたくましく育った影響で、なんと腫れぼったかった一重のまぶたが自然な二重になっていたんです!(^_^;)

最初は、みんなこっそり整形でもしたんじゃないか?って言われてたんですけどダウンタイムもなしに休まず会社にも行ってたみたいだからそれは無いのかな?って話になって。。

少し体重が痩せたのも原因かもしれませんが、まつ毛美容液でキレイな二重が手に入るんだったら私も真似してみたいな♪おすすめは市販で安いものでは無くてきちんとした商品がいいみたいです。(^^)